JOURNAL

MEDIA OF BICYCLE AND STORE

KUSAKAWA MGR

2015.12.15.

草川の第2話

TEXT BY SQUADRA

昔のことを思いつくまま書いたところ、思いがけずたくさんの方に見ていただき、嬉しいのと恥ずかしいので少し戸惑っていますが、
これからもがんばって書いてみたいと思います。

スポ-ツ車では商売にならないとはいえ、店には1台か2台置くようになりました。「当時はランドナ-、スポルティ-フ)
不思議なもので、展示しだすと興味あるお客さんがボチボチ来てくれるようになりました。それも近所のお客さんだけでなく、
結構遠方からも来ていただけるようになりました。

当時はスポ-ツ車を扱っているお店は少なく、大阪では天王寺のトモダサイクル、八尾の河内屋サイクル、豊里のイト-サイクル、
住吉の山本サイクル、それと近くにあるスポ-ツ車の店田川が思いつきます。

このスポ-ツ車の店田川の店主の田川今朝七朗さんはスポ-ツ車のみでなく変わり種自転車の製作者として世界的な人です。
僕も高校生になった時に10スピ-ドバイク『今でいうロ-ドレ-サ-』を作っていただきました。それ以来いろいろお世話になりましたが、
2年前にお亡くなりになりました。全国の遊園地に田川さん制作の変わり種自転車がいまだに走っています。

スポ-ツ車の先輩達に大きな影響を与えたのが、城東輪業社の寺島社長でした。
僕ら若造にはとても話出来る人ではなかったのですが、当時城東輪業社に勤めていた轟木さんにお世話になりスポ-ツ車に傾倒していきました。

草川の第2話を友だちに教える