JOURNAL

MEDIA OF BICYCLE AND STORE

BLOG

2019.03.16.

ダートフリーク展示会に行ってきました!

TEXT BY SQUADRA

3/13にダートフリークさんの展示会がありました!
見てきた物を紹介していきます。



まずは今回の目玉。

EAGLE AXSです!

X01 EAGLE AXS の付いた展示車

無線の変速機自体は前からロードで販売されているので特別目を引く感じ絵はありませんが、ワイヤーがないのはやっぱりいいですね!

見た目もハンドルの動きもスッキリします。

リアディレイラーとドロッパーシートポストに取り付けられたバッテリーは共通であることがSRAMの電動では意外と大きなメリットです。
変速機が電池切れになったときはシートポストから付け替えれば動かせます!

窒化チタンコーティングのチェーンは玉虫色で目立ちます!
洗車が捗ること間違いなしです(笑)

機能面の新しさで目を引いたのは、ドロッパーシートポストでした。

ROCKSHOXの無線のドロッパーシートポスト

実物の動きを見て思ったのは「動き速っ!」ということです。
速くても力はそれほどないので股間がダメージを受けることはありません(笑)
ちなみに速さは変更不可だそうです。

いいところは、スポッと挿すだけで取り付けが完了!
更にワイヤーやホースがないので、リアサスやハンドルの動きを阻害しません。

もう1台の展示車はXX1 EAGLE AXSが付いていました。
こちらのモデルではスプロケットにも窒化チタンコーティング!

変速性能は、(電動なので当然ですが…)ミスのない変速と言った感じで、力強く変速してくれます。

変速機とは無関係ですが、フレームに50to01のステッカーが貼ってありました。
もしかしてチームで使われていたバイク!?

他にはFOXのウェア類がずらりと並んでいました。

Quarq SHOCKWIZ

最後に見たものはこれ!
QuarqのSHOCKWIZ
パワーメーターで有名なQuarqですが、他にも変わった製品を作っています。
その一つがSHOCKWIZです。

SHOCKWIZとはサスペンションのチューニングツールです!
最初は何もできませんが、走行中のデータを蓄積すると、自分のライディングスタイルに対して最適なサスペンションのチューニングを指示してくれます。

フロントサス、リアサスの両方に対応しています。

実際に使ってみると本人の感覚で時間をかけてチューニングした時とほとんど同じセッティングになるそうです。
興味のある方は調べてみてください!

ダートフリーク展示会に行ってきました!を友だちに教える